なんでもかんでもアレにしない


講座・セミナーのレジュメ(お客様に配布する資料)のチェックをしている時、

ふと昔の自分を思い出しました。


昔、私のレジュメは「アレ」が多かったんです。



それは、穴埋め。

なんでもかんでも、穴埋め式にしてました。


だってその方が、大事な部分が伝わると思ったから。
だってその方が、受講者さんたちが集中して聞いてくれると思ったから。


でも。実際はそんなことはありませんでした。
穴埋めで緊張感を一方的に作ったとしても、
答えが最初からわからないように・・・と思って
穴埋めを多くしたからといっても、

結局は「受講者さんの受け取り方次第」なんです。



もちろん、「穴埋めの答えは●●です」と伝えたとしても、
書き込んでくれない時だってあります。
それは、講師の伝え方がわかりにくいから。



資料に全てを任せない。

講師の相棒として資料を添える。


資料(レジュメ)を作るのが面倒ダァァァァーーー!

と思うのであれば、

一度作らずに、通し練習をしてみてください。

きっと「ここは資料が必要だな」と思える部分が見えてきますよ。

講師の最高の相棒として、レジュメたちをよろしくお願いします。笑

セミナー講師養成・人前で話をするときのお助け処

札幌を拠点に、セミナー・講座講師のサポートをしております。 オリジナル講座のつくり方・企画や組立方・レジュメ作成・会場選定・告知文・話し方や伝え方・アンケート文など、 講座開催に関することをトータルでサポートしております。 また、講座ダイジェストの動作作成サービス・講座講師向けのセミナーもおこなっております。

0コメント

  • 1000 / 1000