テーマをひとつに絞れないときは


講座組立のときに、
あれもこれも詰めたいと感じませんか?

この内容を教えるには、ここの概念がわかっていないとダメ。
この段階に行くまでに、●●についての歴史を紹介しておかないと・・・


ボリューム満点な詰め込み講座の場合、
受講者目線で考えると、
その中の何が大事なのかがわからずじまいになってしまいます。


情報・概念をただ詰め込む講座ではなく、
テーマをたった一つに絞ってみてください。
選ぶ基準は、「それについて、自分自身の言葉で語ることが出来るかどうか」。


夏に向けて講座を企画している皆さん。
3連休中、そのテーマを是非考えてみてくださいね。


続きは3月21日のメルマガにて^^


セミナー講師養成・人前で話をするときのお助け処

札幌を拠点に、セミナー・講座講師のサポートをしております。 オリジナル講座のつくり方・企画や組立方・レジュメ作成・会場選定・告知文・話し方や伝え方・アンケート文など、 講座開催に関することをトータルでサポートしております。 また、講座ダイジェストの動作作成サービス・講座講師向けのセミナーもおこなっております。

0コメント

  • 1000 / 1000