その講座は誰のためのもの?

今や、毎日のようにどこかでセミナーや講座が開かれています。
商品を売るために、無料で集まってもらうものもあれば、
自己啓発のようなものもあります。
モノづくりの方法を教えたり、習い事のように連続講座もあります。


私が講師として登壇しはじめた15年前と比べて、
本当に多くのセミナーや講座あるなぁ~と感じます。

だからこそ、集まっていただく方を第一に考えられた内容のものだと
心の底から感激します。心が動きます。


私自身は、講座・セミナーの本来の形は
「受講者の役に立つもの」であることが大事と考えています。
講師自身も受講者にも、平等に24時間という限りられた時間があります。

その貴重な時間を、講師の自慢話や学芸会のような内容に使っていませんか?

内容がそこに集まった人のためになっているのかが、重要だと思います。
客観的に自分の講座を見つめなおすことで、もっと良い講座を目指していく。

そんな風に講座も自分自身も、振り返りながら前に進んでいきたいですね。


お礼ハガキ事例数日本一!
小串社長のインタビューが収録されている 
ミサトメソッドCDセミナーは
10月29日より順次発送いたします
 詳しくはササキミサト公式ホームページをご覧ください


講師の・講師による・講師のためのメールマガジン

ササキミサトメールマガジン 配信しています。




セミナー講師養成・人前で話をするときのお助け処

札幌を拠点に、セミナー・講座講師のサポートをしております。 オリジナル講座のつくり方・企画や組立方・レジュメ作成・会場選定・告知文・話し方や伝え方・アンケート文など、 講座開催に関することをトータルでサポートしております。 また、講座ダイジェストの動作作成サービス・講座講師向けのセミナーもおこなっております。

0コメント

  • 1000 / 1000